早くやりたいUM1弾

究極龍翔拳!!
なんだかパチモンのCAAが出てアバターが覚えたとか。

そうそう、帰国日が3/24に一旦決まりましたよ。
チケットも取りましたし、帰ってきたらゲーセンに行く気満々です・・・遅れなければ。


なお、一番気になるのはビルスメテオを貫通するか否かです。
恐らく貫通するでしょうけれど、どなたか教えてください。
何故貫通すると思うかって?だって貫通しないと逆にやばい奴が何人かいるじゃん、どう考えても不公平。
何にせよ、これでビルスが減ってくれれば良いですが、これで減る訳じゃないだろうな。


早くやりたい・・・アバター育てたい。
まぁ、帰ってきたら5倍は終わっているんですけどね。

龍拳雑感

全般

いつも通りだが、発動順の問題が絡む。
追撃系CAAに関し、ダブルとトリプルを除くともう攻撃に絡めないので、攻撃ステータスが上がってもR3からしか効果がない。
その分防御アビリティは先手を取れば受けに使用できるので、その分悪くはない。
後はCAAが二つになったことにより、後に発動する方は先のCAAの影響を受けるのはポイント、上がったパワーで、と言うなら悪くないかもしれない。

サイヤ人男

微妙、サポーターにするカードを前面に出して気力回復と言う時点でちょっと。
現状気力は戦闘力を出すためにしか使われていない気がするので女の劣化な予感。

龍拳がパワーの影響をガッツリ受けると言うならHRと言う選択肢が遂に日の目を見るかもしれない。正直女でいいけど。

魔人

上がるガード数値的に良い。是非R2に先攻を取りたいところ。
HP:元々高い
攻撃力:何だかんだ高い
防御力:これで高くなった

おい!!!

サイヤ人女

他二つのアビリティと噛み合っていて個人的には○。
パワーはゴッドかめはめ波で上がっており、龍拳のダメージを伸ばせる。
戦闘力は通常アビリティ発動に貢献するので、時の界王神並にアビリティの一貫性がある、いや、それ以上かもしれない。

そこ、人造人間のダブルの劣化とか言わない。

フリーザ一族

ご愁傷様です。
バーストで弱体化させた相手に突っ込む分には良いが、単体としてみるとUR孫悟空の劣化。
そもそもアバターが居るせいで他の究極龍拳が入る余地がないと言う意味であの孫悟空の使い道無いと考えれば劣化も何も無いですが。

ナメック星人

魔人より良い、当り枠だと思います。
そもそも合体で先攻を取りやすい、人数を減らしているので防御性能アップは他より効き易い、と言うところがポイント。
記載されている内容以上に使いやすいです。

クロノアナメックELを流行らせるしか!
50%*50%*50*75%で高ガード、貫通無いと何も通らなさそう、貫通あると御臨終ですが。

人造人間

てこ入れか。
R3からアバターの火力で1.5倍と言えば悪くありません。
が、これでまた人造人間の時代が来るかと言われるとそうでもないと思います。

男を使っている人はわかると思いますが、R1にチャージしただけのBSってゴッドかめはめ波以外大したことないんですよね。
それをR3からと言われても・・・1.5じゃきっと足りない。


界王神

ふーん・・・
知っていますか、GDM7弾から先、フリーザ一族が見向きもされなかったことを。
SH3弾になるまでも結局使う人が少なかったことを。
それがR3からとかどうなのよ。

つか、CI勝利時アビリティはフリーザ一族の権利でしょ。

暗黒魔神

個人的にイマイチ。
ドローと合わせてHP5000回復だ!なのはわかるが、最初から魔人に対して2500低いのは忘れちゃいけない。
軽減効果を無視しないなら、BSドローの1.5倍からの、と言うのは有るけれど、それはこのアビリティに限らない話。

ただ、3000回復って大分でかいはでかいんだよな。
でも、その分他の効果がと考えるとやっぱりどうなの?

総評

てこ入れ!!
大枠現在強いアバターが微妙な効果な気がする。
個人的には女は元々悪くないと思うんだけど、今回は中々。


現環境で4アバターを作れと言われれば私は魔人、女、ナメック、人造かな。
何をどうやっても界王神は鉄板は鉄板なんですが、現状食指が動かないのでパス。



以下、しょうもないQ&Aコーナー
Q:海外からブログ更新できるの?
A:できないとは言っていない

Q:もっと重要なことを言っていなくない?
A:さて、何のことやら

Q:嘘ついていない?
A:海外の件について一度も嘘をついた記憶はございません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

珪

Author:珪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルカナコレクション