FC2ブログ

孫悟空の強さや如何に

さて、超ドラゴンボールの1hSPも終了して孫悟空新形態出てきましたね。

ドッカンバトルでは早速実装されて勝つ覚醒をしない状態のようで、恐らく11/5に正式公開されるのでしょう。
そうでないと11/9(仮)からのSDBH7弾に間に合わなくなってしまう。

なんでしたっけ、天衣無縫の極み(兆)?純粋にバトルを楽しむ気持ちが必要な訳ですね(ぇ

兆って何だよ、超にかけているのかよと一瞬思いましたが、"きざし"か。
まぁ、超にかけているはかけているんでしょうけれど・・・
次はケイですかね、つまり私の時代だ(ぇ


さて、そんなこんなでこれの話

アニメに先立ってSSGSS20倍界王拳として実装されたあれです。

ステータス
HP:3200
パワー:4800
ガード:2000
ゴッド弾から孫悟空(通常)はステータスが高いのが出てくるようになっており、同じく公開までは別チェンジであるHG弾より当然高く、SSGSSになるGDM弾と比べるとHPは低いがパワーはタイプのことを考えると上がっていると言える。
その日になってからの変身後の姿のがっかり感は比較にならないレベルだが

性能的な観点からすると孫悟空にしては珍しく(?)アタッカー。
UR孫悟空って大体それ自身がアタックするタイプではないか、そういうタイプでも役に立たないというのが基本なのだが・・・


アビリティ自体はきちんと書くと以下の通り
攻撃時エナジー5以上でこのカードに相手のガード/ダメージ軽減効果無効を与える
防御時エナジー5以上でこのカードに相手の倍化効果無効を与える
発動タイミングが極めて遅く、最近多い戦闘力バトル終了時でさえない。
スキャン順によらず暗黒仮面王で増えたエナジーで処理できる利点はあるが、一方でその後に下げられると発動できなくなるのと後者は気絶していると発動できなくなる。
また、攻撃時のアビリティとしてはSH3弾のURの劣化である。

一方、必殺技必要エナジーが5であり、それと同期していると言える。
諸々を考えた時にGDM3弾バーダック:ゼノに似通っているのかなと思うが、エナジー条件は緩い。
アビリティ自体が一番近いのは双子のコンビネーションなのだが、火力が違いすぎて比較対象にするのはちょっと・・・

実際の火力的な話をすると、普通にガードを無効化して必殺技を発動すると7000程度のダメージが出た。
うん、まぁCI速度普通かつエナジー5のカードとしての威力としては高い。
ただ、びっくりするほど強いかといわれると想定の範囲内の威力かなと言う気はする。
ここで9000出るとなるといいダメージ出たなと言う感じだが、


一方でチェンジした後では10000を超えるダメージを与えられるようなのでR3以降は有用ではある模様。
エナジーも3つ増えるので自身のアビリティを発動しやすい。
必殺技も発動してしまえば15000とは言わずとも10000は超えるダメージ、悪くは無いのでしょうか。


が、良いかといわれるとちょっと・・・な感じ。
R3からと言う縛りと、上がった後のダメージがそれなりでしかない。

そして、同弾中に同じようなアビリティを持つケールとの住み分けが必要になる。
ケールはR1は使えないが、R2から本領を発揮できて10000以上のダメージを出せるのと、パワーが
3倍になるという事で各種パワー上昇アビリティの影響をもろに受けることができる。
今弾で言うと大神官をR2に切ればパワー10万に到達する。
また、今弾カリフラのエナジー3のユニットを発動するとエナジー関係無しで高威力必殺技が発動できる。


一方で、孫悟空はタイプも含めてR1からそこそこの威力を発動できる。
R3まで耐えられれば単体としてはケールよりも高い火力を出すことができる。

そして、相手の倍化効果を無効化できる・・・のだがこちらはちょっと微妙。
これに対しロックオンすることは恐らくないし、ランダムで食らう確率も高くない。
ピンで出そうにもガードが高い訳でもないのとエナジー5を持っていなければならなく、気絶してはいけないという欠点がある。
ユニットはあまりピーキーなのは無いが、逆に孫悟空だけあって様々なユニットのメンバーにできる。

そんなこんなでそれなりにURな性能ではあるな、と言う一方で、今後の弾でも使おうかといわれるとちょっと微妙な感じを受けました。
悪くない、悪くないんだけど・・・
現環境だと神龍孫悟空のアビリティがほぼ確定発動なのでそっちで良い気がするんですよね、HP5000回復するし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

珪

Author:珪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルカナコレクション